スポンサーリンク

YouTubeはじめました。おひとりさまの日常や一人暮らし、ルーティン、どこかに出かけた時の風景を動画にしています。

ぜひチャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はこちらからどうぞ→https://www.youtube.com/channel/UCf6ugKs0h5tmsp-IOQaK7Lg

海外旅行

定番と自由行動でオリジナルの北欧女子旅!JTB貸切のオーロラ観賞フライト付きロバニエミ・ヘルシンキ6日間

更新日:



空を幻想的なカーテンで彩るオーロラ。一度は見てみたいと思う女子は多いのではないでしょうか。そんな方のために、JTB海外ツアーからオーロラ観賞ができるロバニエミとフィンランドの首都ヘルシンキに滞在できるプランをピックアップ。北欧の自然と文化を身体全体で感じられるツアーをご紹介します。

目次

JTBの北欧ツアーで女子旅!貸切のフライトでオーロラ観賞!ロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプラン

JTBツアーロバニエミヘルシンキ

引用:https://goo.gl/WIdHCr

JTBの北欧ツアーで女子旅!ツアー名と出発日と料金!2017年1月から3月のプランで出発日は月1回

今回ご紹介するツアーは「JTB貸切 オーロラ観賞チャーターフライト Bコース オーロラに接近!感動のオーロラ飛行とロバニエミ・ヘルシンキ」。

6日間の日程で、出発日は1月28日、2月11日、3月4日の3日あります。料金は出発日によって異なります。

出発日別料金
1月28日出発・・・269,900円
2月11日出発・・・279,900円
3月4日出発・・・289,900円

>>>JTBでロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプランをチェック

JTBの北欧ツアーで女子旅!ツアーのおすすめポイントは?

このツアーのおすすめポイントは、とにかくロバニエミに3日滞在できる上に貸切の飛行機で約75分ものオーロラ観賞フライトを楽しめること。女子旅には嬉しいロマンティックなフライトを存分に味わえます。

ロバニエミではサンタクロースの村も訪問。「サンタクロースはお父さんだよ!」と答えていた方も、サンタクロースの村で本物のサンタクロースと記念写真を撮れば、きっとときめいてしまいますよ。

また、ロバニエミでもヘルシンキでも、要所は案内してもらいながら自由行動では自分の好きなところへ行くことが可能ですので、女子旅ならではの思い出作りができます。

JTBの北欧ツアーで女子旅!旅行日程を確認しよう!ロバニエミとヘルシンキで何をするの?

それでは、具体的な旅行日程をご紹介しましょう。フィンランドと日本はかなり距離があり、フライト時間も10時間以上。そのため1日目はほぼ移動、6日目の午前中に成田に帰ってくるというスケジュールです。

1日目

お昼頃に成田を出発し、ヘルシンキに向かいます。ヘルシンキに着いたあとはそのまま国内線に乗り換えてロバニエミを目指します。

ロバニエミに到着するのは現地時間の夜。スカンディックホテル・ロバニエミに宿泊します(出発日によっては別のホテルになる可能性もあります)。この日は外での観光はできませんが、夜はオーロラを見るチャンス!明かりの少ない場所でのんびり空を見上げましょう。

2日目

午前中はツアーでサンタクロース村を訪問します。記念写真を撮ったり、郵便局で「サンタクロースからの手紙」をオーダーできますよ。「サンタクロースなんていない!」と言っているあの子に、手紙を届けてあげるのも面白いサプライズですね。

昼食は「フィンランドと言えばコレ!」のサーモン料理。お昼のあとは自由行動です。マップ片手に街を散策してみましょう。夕飯も街で買ったものを食べたり人気カフェに入ったりして、女子旅の思い出に。夜は1日目と同じように、明かりの少ない場所でオーロラを待ちながら北極圏の空気を味わいましょう。

3日目

夜のフライトまでまるごと自由行動です。2日目に行けなかった場所を観光したり、美術館や博物館でのんびりしたりすると良いでしょう。

ここでは、女子旅ならではこだわりをもって観光するとよりオリジナルな旅にできます。たとえば「可愛い色を集める旅」や「木の雑貨を集める旅」「フィンランドの絵本を味わう旅」など、コンセプトを持って自由行動時間を過ごすのはいかがですか?

夜は、いよいよ貸切の飛行機でオーロラ観賞フライト!オーロラが見られるかどうかは天候次第ですが、約75分も北極圏の空を独占できます。ロバニエミが地球上でどんなところにあるのか、どういう地域なのか、飛行機の窓から楽しんでくださいね。

4日目

ロバニエミから首都ヘルシンキへ移動します。昼食には肉料理が用意されています。ヘルシンキに到着したらまずは有名なテンペリアウキオ教会とヘルシンキ大聖堂を訪れます。

4日目以降は、高級ホテルであるオリジナルソコスホテル・プレジデンティに宿泊。ホテルに着いたあとは翌日の出発まで自由行動ですので、ヘルシンキ観光を楽しみましょう。

5日目

午前中は自由行動。ヘルシンキ市内でお土産を買うならこれが最後のチャンスです。午後はバスでホテルから空港へ。夕方の直行便で成田へ向けて出発です。

6日目

ヘルシンキから成田へのフライトはきっと女子旅の思い出でいっぱいですね。お土産とともに午前10時頃に成田へ帰ってきます。

オプションツアーでは犬ぞりを体験可能!

今回のツアーでは、犬ぞりのオプショナルツアーを申し込めます。数頭の犬がひくソリに乗って雪原を疾走するという体験ができますよ。

ソリをひいてくれるハスキー犬たちと楽しんだあとは、温かい飲み物のサービスもあります。英語によるガイドですが、英語が得意でない女子でもあまり気にせずに参加できるツアーです。

犬ぞりのオプショナルツアーに参加する場合は、出発日15日前までに申し込みましょう。予約時に一緒に申し込めば手間が省けます。支払いは現地で、現地通貨またはクレジットカードで行います。

ロバニエミ・ヘルシンキプランに参加したい!JTBの北欧ツアーの申し込み方法は?

JTBの北欧ツアーはネット申し込みと店舗申し込みが可能!ネット申し込みはどうすればいいの?

ネット上でツアーに申し込む場合は、ツアー紹介ページにある「予約する」ボタンをクリックすると予約手続きが開始されます。

>>>JTBでロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプランをチェック

まずは出発したい月を選択。すると出発日がカレンダーで表示されますので、希望する出発日をクリックしましょう。次に、予約内容を入力するフォームが表示されます。参加人数や部屋数など、必要な項目を入力して次へ進みます。基本的な予約内容が決まったら、次は申込金を支払います。

申込金はネット上でクレジットカードによって支払うこともできますし、ネット上で申し込んだあと店舗に行って支払うこともできます。クレジットカードで支払う場合はそのままカード情報入力画面に進み、無事に手続きができたら手続きはひとまず完了です。

JTBの店舗で申し込む場合はどうすればいい?

店舗で申し込む場合は、そのお店での案内に従えば大丈夫。大まかな流れとしては予約したいプランの確認と申込書の記入、必要に応じてオプションツアーの申し込みと支払い、申込金や航空税等の支払いという感じで進みます。店舗を訪れる際に、ツアー紹介ページを印刷していくとスムーズに手続きできるでしょう。

もし店舗に行く時間がない、ネット上で申し込むのも不安という方には、電話で予約可能な場合もあります。公式サイトに電話での予約について案内がありますので、必要に応じてご覧くださいね。

JTBの北欧ツアーの予約時の注意事項!これができてないと参加できない・・・!

まず大切なのは、出発日から3ヶ月以上有効であるパスポートがあること!有効期限内のパスポートを持っていない場合や、途中で有効期限がきてしまう場合は申し込めません。

パスポートの申請や更新手続きには2週間は見ておくほうが安全です。パスポートの申請には規定サイズの写真の他に各種書類が必要。日中お仕事で忙しい方は特に時間に余裕をもってパスポートの申請・更新を行いましょう。

もう一つ大切なのは、申し込みの際にパスポートに記載されている通りのローマ字氏名を記入すること。これがパスポートと1文字でも異なっていると本人と見なされません。もし当日に間違いが発覚したら出発できないことも・・・。パスポートを見ながらしっかり記入しましょう!

JTBのツアーに都合がつかなくなって行けなくなっちゃった・・・解約はできる?キャンセル料は?

今回ご紹介しているツアーは出発前でも出発後でも解約可能です。ただし、どの時点で解約を申し出るかによってキャンセル料が変わってきます。

以下、キャンセル料のリストです。キャンセル料は、いずれも旅行開始日の前日からさかのぼって数えた日数で考えます。
・40日目~31日目・・・無料
・30日目~15日目・・・3万円
・14日目~3日目・・・旅行代金の20%
・前々日~当日・・・旅行代金の50%
・旅行開始後または無連絡不参加・・・旅行代金の100%

もしツアーに参加できなくなったら、早めに連絡すると費用も抑えられますよ。

JTBの北欧ツアーで女子旅!宿泊するホテルは?日程前半と後半それぞれで泊まるホテルの特徴!

日程前半!スカンディックホテル・ロバニエミ

JTBツアーロバニエミヘルシンキ

引用:https://www.scandichotels.com/imagevault/publishedmedia/16kc0luleuh3ntrroq0x/scandic-rovaniemi-lobby-bar.jpg

>>>JTBでロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプランをチェック

>>>スカンディックホテル・ロバニエミホテルをチェック

スカンディックホテル・ロバニエミは、ロバニエミの中心部にある観光には最適の立地。2日目後半と3日目はこのホテルを中心に買い物や観光を楽しみます。

スカンディックホテル・ロバニエミの客室は、ラップランドをイメージした内装となっていて、光の当たり具合によって壁がオーロラのように色を変えます。部屋にいるときは太陽の位置と壁の色合いの変化を楽しめる、素敵なホテルです。

部屋にあるもの

以下に部屋に備え付けのものをリストアップします。
・ミニバー
・ヘアドライヤー
・電話
・アイロン・ズボンプレス
・テレビ
注意しなければならないのは、歯ブラシ・歯磨き粉が用意されていないこと。これは忘れずに自分で持っていきましょう。また、湯沸かしポットと目覚まし時計もありません。

お風呂

日本人にとって当たり前のバスタブですが、スカンディックホテル・ロバニエミの客室にバスタブはなく、シャワーのみとなります。

インターネット

インターネットの利用が可能です。

ホテル館内の設備とサービス

ビジネスセンターとバー、レストランがあります。レストランは4階までの吹き抜けでとてもゆったりした空間。また、1階にお土産屋さんもあります。サービスとしてはルームサービスとクリーニングを利用できます。旅行代金とは別料金ですので、その都度現地で支払いましょう。

日程後半!高級ホテル、オリジナルソコスホテル・プレジデンティ

JTBツアーロバニエミヘルシンキ

>>>JTBでロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプランをチェック

>>>オリジナルソコスホテル・プレジデンティをチェック

オリジナルソコスホテル・プレジデンティはヘルシンキ市内でも高級ホテルとして知られるソコス系列のホテルです。館内はとても清潔で、ホテルスタッフの対応も丁寧。ソコス系列は日本人観光客に人気のホテルですから、日本人のマナーに慣れているスタッフもいます。

オリジナルソコスホテル・プレジデンティは市内中心部にあり、観光客にとって中心地となる中央駅へも500mほど。歩くのが好きな方には主要な観光場所のどこにでも徒歩で行ける立地ですよ。

部屋にあるもの

客室には、以下のものが備え付けられています。
・冷暖房
・ミニバー
・テレビ
・アイロン・ズボンプレス
・電話
ロバニエミの時と同様、歯ブラシ・歯磨きセットや目覚まし時計はありません。日本から持っていきましょう。

お風呂

こちらのホテルではバスタブ付きの客室に滞在できます。お湯につかるのが好きな女子にはとても嬉しいですね。ロバニエミで湯船に入れなかった分、ゆっくり温まってください。

インターネット

すべての客室でインターネットを利用できます。

ホテル館内の設備とサービス

館内にはビジネスセンターの他、屋内プールやサウナもあります。利用したい場合はスタッフに問い合わせましょう。レストランではスペイン料理を楽しむことができる他、パブには大型テレビが設置され、スポーツやイベントの映像を見ながら過ごすことができます。サービスとして、ルームサービスやクリーニングも利用可能です。

滞在時の注意点!たばこのこと

ヨーロッパ各国では、禁煙の動きがどんどん進んでいます。特に公共の場で喫煙することは違法である国も多く、それはホテル館内のロビーや廊下でも同じ。客室も禁煙タイプがほとんどです。もし喫煙する場合は、どこで喫煙できるのか確認して、その場所でのみ喫煙しましょう。

JTBの北欧ツアーで女子旅!ロバニエミとヘルシンキの自由行動!覚えておくと楽しい3つのフィンランド語

今回ご紹介しているロバニエミ・ヘルシンキプランの特徴のひとつ、自由行動。自由行動では、お店の人と直接会話する機会も多いでしょう。あいさつだけでもフィンランド語を使うと、ぐっと親しみが出ます。ツアーご紹介のおまけとして、発音が簡単で使用頻度も高いフィンランド語を3つご紹介しましょう。

軽い挨拶「やあ!」の「もい!」

「フィンランド語は可愛い!」とよく言われますが、その最たるものがこの「もい!」。気軽な挨拶で、日本語では「やあ!」、英語では「Hi!」に相当します。お店の人と目が合ったら笑顔で「もい!」と言いましょう。きっとお店の人も笑顔で「もい!」と返してくれますよ。

この「もい!」は2回続けて言うと「じゃあね~!」の意味になります。日本語の「バイバイ」と同じように使われると考えてよく、「バイバイ」と言うようなイントネーションで「もいもい」と言います。会ったら「もい!」、別れるときは「もいもい!」。覚えやすいですね。

「ありがとう」の「きーとす」

お店でレジを打ってもらったあとは「きーとす」と言うと良いでしょう。「きーとす」は日本語の「ありがとう」。レジのあとでいえば「どうも~」と同じですね。

「きーとす」と言うこともあれば、「どうも~」と同じようなイントネーションで「きーと~す」と言うこともあります。「ありがとう」は基本のあいさつの1つで、とにかく使用頻度も高い言葉。ぜひ、フィンランド語の「きーとす」も使ってみてください。

「すみません」の「あんてーくし」

日本語でよく使う「すみません」は、フィンランド語で「あんてーくし」と言います。「あんてーくし」は日本人の「すみません」とかなり似た用法で、人に呼びかけるときや、ぶつかって「あ、すみません」のようなときに使います。お店で店員さんを呼び止めるときに「あんてーくし」が使えますよ。

まとめ

今回ご紹介したJTB海外ツアーのロバニエミ・ヘルシンキのツアー。オーロラを見るチャンスが3日間も用意されており、自分達だけのオリジナルの女子旅をつくりやすい自由行動も多めなのが最大の魅力です。

このフィンランドへの女子旅は、「みんなの知っている北欧」と同時に「私が選んだ北欧」を思いっきり楽しむのに最適なプランとなっています。

>>>JTBでロバニエミとヘルシンキに滞在する6日間のプランをチェック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

YouTubeはじめました。おひとりさまの日常や一人暮らし、ルーティン、どこかに出かけた時の風景を動画にしています。

ぜひチャンネル登録お願いします!

チャンネル登録はこちらからどうぞ→https://www.youtube.com/channel/UCf6ugKs0h5tmsp-IOQaK7Lg

-海外旅行

Copyright© おひとりさまブログ , 2019 All Rights Reserved.